股ずれでお悩みの方へ

最新情報

股ずれ 修理

股ずれではけなくなってしまったズボンを何本も持っているという方は多いのではないでしょうか。問題があるのは股ずれの部分だけ、ほかの部分は少しも傷んでいないのにもったいない~と思うこともありますよね。

気に入ったズボンやパンツなら尚更、修理してでもはきたいと思うでしょう。ところが残念なことに、股ずれの修理は、素人がするには結構難しく、服修理専門店でも股ずれの修理は断わるところもあるようです。

それに、修理専門店での股ずれの修理は、裏から当て布をし、ミシン刺しをして補強する方法が主なので、修理しても股ずれ以前のようになることはないようです。うまく修理できれば、あまり目立たない程度といったところです。

ズボンの素材となる、毛や綿は、もともと繊維一本一本の長さが短いものを、整絨し、撚りを掛けて一本の糸にしたもので生地を織っているので、どんな高級品でも必ず股ずれができてしまうそうです。また、変わった風合いのポリエステル物は芯の糸に、細い繊維を巻きつけたというものなどが多く、かなり股ずれには弱い構造になっているそうです。

ですから、股ずれでズボンをダメにしないためには、修理を考えるより股ずれ防止対策を考える方が良いです。スーツならばツーパンツ商品を買う、その他ジーンズなどのパンツ、ズボン類は一度に何枚も購入して小まめに履きかえる、股ずれができにくい強化処理をした製品を買うなどです。あとは、洗濯などのケアも大切です。

股ずれは防げないもので、修理は難しいということを念頭においてから、ズボンを購入するしかないようです。

ズボンの股ずれ予防策

お気に入りのズボンに股ずれが起こるのは悲しいですよね。自分で修理するのは大抵の人には技術的に無理があり、また、服の修理を扱うお店に持ち込んでも、あまりいい顔されないのがズボンの股ずれです。

股ずれで気に入ったズボンをダメにしないためには、予防が一番です。
<ズボンの股ずれ予防策>
★一本のズボンだけをはくのではなく、複数のズボンを交代して穿く。
特に汗をかきやすい夏場は小まめに変える。そのためには、ある程度の数のズボンを所有していることが必要ですけれど......。
★汗じみや汚れは生地の傷みを早めます。着替えたズボンはよく洗濯し清潔に保つ。
★ズボンを選ぶとき、デザインとともに股の部分が補強されているようなズボンを選ぶ。
★ズボンを購入したらすぐに、市販の補強布を取り付けズボンの傷みを防ぐ。
股ずれで補強布が傷んだときは、新しい補強布に取り替えることでズボンを守ることができます。
★スーツなど買うときは、上着よりズボンの方が痛みやすいですので、できればツーパンツの商品を選ぶ。
★ズボンの股ずれする際に起きる摩擦を軽くするため、ロングガードルや、5分丈くらいのスパッツを着用する。そうすることで、生地の傷みが少なくなるようです。

以上のことを心がけたなら、多少の手間はありますが、経済的にお気に入りのズボンを長く持たせることができると思います。

股ずれ 予防

太ももの内側が擦れて起きる炎症「股ずれ」は、歩くと痛いし、心地が悪いものです。
特に汗をかく夏に起こりやすいものですが、長時間の運動で慢性的に擦れたり汗をかきやすかったりしても起こるものです。炎症が起こると治癒にはある程度期間が必要なので、できれば意識的に予防しておきたいものです。

股ずれの予防としては、
★太ももが出来るだけ擦れないようにする事
歩き方、ズボンや下着など服装にも注意します・
★股ずれの起こりやすい部分をたえず清潔に保つこと。
汗をかいたらシャワーを浴びる、服を取り替える等の対策を行ないましょう。
★股ずれの症状がみられたら、軽いうちの抗炎症薬や保湿作用のある軟膏を塗っておきましょう。

薬による予防は、股ずれの症状がみられたら軽度のうちに皮膚科で診察を受け処方してもらう薬の方が効果が高いです。
また、股ずれの起こりやすいスポーツ、登山やツーリングなどへの参加予定で、股ずれ予防をしたい場合は、薬局で抗炎症作用のある軟膏や保湿剤を購入し、予備薬として携帯すると良いと思います。

スーツ 股ずれ

スーツは上下揃って価値のあるものです。でも、ズボン(スラックス)だけ股ずれで生地が擦り切れ、ジャケットだけ残ったということはありませんか。できれば、スーツとしてできるだけ長く着たいですよね。

スーツの股ずれを防ぐには、新規購入した際の事前対策が一番効果的です。
股ずれは、歩いているときの外からの摩擦と中からのスレで起こります。スーツのズボンの内側が体温によって温められ、生地にダメージを受けやすくなっているところへ、足が動くので傷みが進んでしまうのです。
スーツのズボンを股ずれから守るには、購入後すぐに股ずれ防止専用の当て布を取り付けることです。スーツ専門店などで販売しているので、一緒に買うと良いでしょう。スーツの股ズレ専用ですから、股ずれのできてしまう条件(体温による温度上昇、湿気、引っ張り)を軽減するようになっています。

スーツの股ずれ防止当て布の取り付けは、そう難しいものではありませんが、面倒だと思う方や時間がない方もいると思います。
スーツのズボンは、裏地のないものがほとんどですから、スパッツや男性ならやや丈の短めの股引をはくと、股ずれからスーツを守ることができます。特に汗をかきやすい暑い夏こそ、効果があります。

また、スーツ購入時にズボンをツーパンツで買っておき、交代ではいて休ませると、股ずれからズボンを守ることができ長くスーツを着ることができます。
さらには、汗や汚れはスーツの生地の傷みを早めるので、夏場などは小まめに洗濯に出すことも必要です。
せっかく買ったお気に入りのスーツを股ずれから守り、長く着てあげるために、ケアを十分してあげてください。

最後に、残念ながらすでに股ズレができてしまったという方には、一度は股ずれの修理をしてみてください。服修理専門店などて、裏から当て布をし、ミシン刺しをして補強してくれるようです。但し、ズボンの股ずれ修理の依頼は、あまり良い顔をされないことが多いようなので、やはり先ずは股ずれが出来る前に対策ですね。

ジーンズ 股ずれ

太っていたり、汗をかきやすかったりするとジーンズに股ずれができてしまうことがあります。股ずれで股の部分だけ擦り切れたジーンズを何本も持っているという方も結構いるようですよ。

ジーンズは、一度股ずれで擦り切れてしまうと、継ぎはぎ布を当てても修理しても、膝や腰の部分のようにおしゃれに、とはいきませんよね。股ずれになったジーンズは、ゴミ箱かカバンやスカートなどの違った形でのリサイクルと以外使い道はないようです。

ジーンズを長持ちさせ股ずれから守るには、擦り切れる前にケアすることが肝心。
コツとしては、ジーンズに液体のワックスなどを染み込ませて乾かし、ジーンズを硬くしてからはくと、股ずれからジーンズを守り長持ちするようです。

最近では、ジーンズメーカーも股ずれで生地が擦り切れるという声に応えて、内股からヒップ部分にソフトなあて布をつけるたり、ステッチを前後にずらし、内股にあて布で強化したジーンズを販売しています。ジーンズを選ぶときに、内股部分の生地が強化されているものを選ぶと良いですね。

さらには、ジーンズはアクティブな場面で、それもほぼ毎日はくという方も多いと思います。 股ずれで擦り切れる機会も多いですから、気にいったタイプのジーンズを見つけたら、数本まとめ買いをし、交代ではくことで股ずれからジーンズを守ることができます。また、汗をかいたら小まめに洗濯するのも、ジーンズを股ずれから守る方法です。

股ずれ とは

ぴったりしたズボンで股ずれした、マラソンで股ずれしたなどの経験がありますか?
経験がなくても、よく耳にすることがあると思います。
でも、いったい股ずれとはどういうことをいうのでしょうか。
股ずれとは、股にできた間擦疹(かんさつしん)、もしくは間擦性湿疹俗称で、乳幼児や肥満者あるいは糖尿病患者に起きやすい股間(太ももの内側)の皮膚にできる湿疹のことです。

股間の皮膚が歩行時などに摩擦を受けやすく上に、夏などには発汗があるので皮膚全体が一面に赤くなり、表面がじくじくしてきます。股ずれとはそういう状態のことをいいます。
つまり、股ずれとは、股間がこすれ、汗によって皮膚があれて炎症を促進することによって生じる湿疹をいうのです。

股ずれは、特に夏季には、太っていなくても服装によっては、誰にでも起こえます。また、長時間の運動で慢性的に擦れたり汗をかきやすい人にも起こりうるので、汗対策、歩き方、服装の工夫などが必要でしょう。

股ずれ 薬

太ももの内側の炎症湿疹である股ずれは、太っているからなることもあるし、痩せていても歩き方や服装によっても起こることがあります。また、マラソンや自転車など内股がこすれやすいスポーツを常時行なっている人や、汗かきの人も結構発症しやすい皮膚の病気ですね。

股ずれの薬としては、抗炎症作用のある薬や保湿作用のある薬を塗るのが最も効果のある対処法です。

股ずれはほっておくと、ジクジクして痛くなるだけでなく進行すると、股が割れて皮膚が黒くなってしまうこともあるそうです。
一番の対処法は、股ずれができないようにする工夫をすることですが、できてしまったら湿疹の軽いうちに患部を清潔にして、摩擦の起きないようにすることが大切です。

股ずれの薬については、軽症にはベビーパウダーで間に合うものから、民間療法薬、薬局での市販薬、皮膚科や小児科など病院で処方してくれる抗炎症薬などがあります。
黒くなった場合は、メラニンの生成を抑える内服薬とビタミンC誘導体ローションとジェル、さらに美白クリームの外用、光治療による光の照射などがあるようです。

いずれにしても、先ずは専門の病院で診察をしてもらい、適切な薬を処方してもらうのが安心だと思います。

股ずれ 治療

股ずれの治療には、一般的には抗炎症作用のある薬や保湿作用のある薬が使用されます。
ひどい場合は、皮膚科など専門の医療機関でみてもらいお薬を処方してもらうのが一番です。

家庭での股ずれ治療としては、まず通気性の良い服(ズボンなど)を着ることを心がけて、なるべく股ずれ部分に汗をかかないよう、皮膚がむれないようにします。

汗をかいたり、股ずれからジュクジュクし汁が出ている場合は、柔らかいガーゼなどで軽くていねいに拭き取りましょう。お風呂などの際は、患部を強くこすらないようにします。
股ずれ部分の皮膚を清潔にした後、ベビーパウダーや市販の股ずれ治療薬を塗っておきます。

ベビーパウダーは股ずれに限らず、軽いあせもなどでも皮膚を心地よく乾燥させ、症状を軽減させる治療効果があるようです。しかし、ベビーパウダーはつけすぎると汗などを吸収して固まり、服と股との間の摩擦が強まることがあるといいます。ですから、適量を使用し、様子をみて改善しない場合は、皮膚科などで診てもらい適切な股ずれ治療薬をもらいましょう。

股ずれ治療薬は、薬局で売っている白色ワセリンが広く使われており、効果もよいようです。但し、肌に合わず却って悪化したり、化膿、出血等の外傷がある、赤くなってただれているなどの症状がある場合は、家庭でのワセリン治療には限界があり、医療機関で処方してもらう薬の方が治療効果が高いです。

股ずれ 防止

「股ずれ防止」というと、2つの意味があります。
ひとつは内股にできてしまう皮膚炎症湿疹です。この股ずれは、特に夏場に汗をかき、湿った皮膚に摩擦が起きることで発症します。不衛生にしていると、かぶれやあせもになってしまいます。

ですから、夏や汗をかきやすい人は、暑いときこそスラックスやスカートの下に、ロングガードルやスパッツをはくことをオススメします。皮膚の股ずれ防止の効果とともに、服の布地が傷むのを抑えることができ一石二鳥です。

また、マラソン、登山などの長時間同じズボンで同じ動きを繰り返すスポーツをする方は、股ずれ防止にワセリンという塗り薬を愛用していることが多いようです。皮膚摩擦の負担を軽くし、炎症が起きるのを防ぐ効果があるようです。但し、人によっては合わないこともあるので注意が必要です。

もうひとつの股ずれ防止は、ジーンズやスラックスなどのパンツ・ズボンが歩行による摩擦で擦り切れてしまうことへの対策です。
最近では、便利な股ずれ防止の補強布が販売されているので、購入してすぐに補強布をつけておくと良いです。補強布が傷んできたら取り外して、また新たに付け替えをすれば服本体の生地の傷みはなく、長く着用することができます。

その他

ムダ毛処理といえば、以前はカミソリなどでの自己処理が一般的でした。しかし、ここ数年で脱毛サロンで行うのが一般的になってきました。その理由は、脱毛サロンの光脱毛がお手頃な価格になってきたためです。自分に合った脱毛サロンを見つけてツルツルのお肌を手に入れましょう。おすすめの脱毛サロン

肌の悩みで多いのがシミやくすみにすいてです。ちいさなシミがあるだけで老けて見えるからとても深刻ですね。シミを見つけるだけで、一週間ブルーになってしまいます。シミやくすみの原因は紫外線ということはほとんどの人がご存知でしょう。しかしそれ以外にも原因はあるのです。だからUVケアをしているだけではダメなんですね。それにすでにあるシミを解消するには、ハイドロキノンなどのシミを薄くする効果がある成分が配合されていなければ期待した結果が得られないかもしれません。そのような美白コスメを探すならこちら→シミを消すおすすめの方法【美白化粧品を選ぶ2つの成功法則】

顔のラインが緩んできたり、ほうれい線ができたり、ほほのたるみが気になってきたので美顔器を使うという方は多いです。しかし、美顔器を使うだけでリフトアップできるのでしょうか?ただコロコロするローラータイプのものよりも、ジェルなどとを使って美容成分を肌に浸透させるタイプのものがおすすめです。そのようなものはこちらのほうれい線を消す化粧品を参考にしてください。